楽天モバイルの通信エリアは大手キャリアと同じ!

楽天モバイルの通信エリアは大手キャリアと同じ!

 

楽天モバイルの通信エリア

 

 

楽天モバイルは音声通話SIMで3.1GBプランが月額1600円、
5GBプランの音声通話SIMで月額2150円から利用できます。

 

大手キャリアの平均月額料金と比べるとその月額料金は
1/3や1/4程度となっています。

 

しかしいくらお得な料金で楽天モバイルが利用できても
圏外ばかりでは意味のないものとなってしまいます。

 

楽天モバイルの通信エリアはどうでしょうか。
楽天モバイルの通信エリアについてご紹介します。

 

 

楽天モバイルの料金プラン一番お得なのはこれ!【楽天モバイルの料金プラン一番お得なのはこれ!】

 

 

楽天モバイルの通信エリアは大手キャリアと同じ!

 

楽天モバイルの通信エリアは実は大手キャリアである
ドコモとまったく同じ通信エリアとなります。

 

楽天モバイルをはじめMVNOとよばれる格安SIMサービスは
大手キャリアから回線設備を借りて通信サービスが提供されています。

 

そのため格安SIMキャリアでは借りている大手キャリアと同じ通信エリア
データ通信や音声通話が可能となるのです。

 

ドコモから回線設備を借りている格安SIMならdocomoと同じ、
auから回線設備を借りている格安SIMならauと同じ、
ソフトバンクから回線設備を借りている格安SIMならソフトバンクと同じとなります。

 

楽天モバイルはdocomoから回線設備を借りている格安SIMとなるので
楽天モバイルの通信エリアはdocomoと全く同じとなるのです。

 

ドコモの通信エリアは4G/LTEエリアが人口カバー率が99%を超えています。
またそのほかの地域でもFOMAハイスピードエリアが99%フォローしています。

 

そのため格安SIMの中でも特にdocomo回線を利用した格安SIMキャリアである
楽天モバイルの通信エリアはとても広い事がわかります。

 

docomoの通信網は全国に張り巡らせており海岸線や山間部などでも
しっかりとした通信エリアを提供しています。

 

楽天モバイルはレジャーなどに行かれる場合にもぴったりの格安SIMといえるでしょう。

 

 

楽天モバイル申し込み

 

 

関連ページ

楽天モバイルの3日間のデータ通信上限がデメリットて本当ですか?
楽天モバイルの大きなデメリットのひとつとして3日間のデータ通信上限が色々な口コミサイトで見受けられます。しかし楽天モバイルの3日間のデータ通信上限は2017年の3月に完全撤廃となりました。楽天モバイルの大きなデメリットとなっていた3日間のデータ通信上限が廃止された事でとても利用しやすい格安SIMサービスとなりました。楽天モバイルの3日間のデータ通信上限について詳しくご紹介します。
楽天モバイルの口座振替の注意点は?
楽天モバイル料金プランの支払い方法はクレジットカードとデビットカード、そして口座振替での月額料金の支払いが可能となっています。中でも口座振替で月額料金の支払いが可能な格安SIMキャリアはほとんどなくクレジットカードをお持ちでない方に大きな味方となっています。そんな楽天モバイルの口座振替での支払い方法について注意点をご紹介します。
楽天モバイルを実際に利用してみた月額料金はいくら?
楽天モバイルではとてもお得な料金プランでスマートフォンを利用する事が出来ます。では実際に利用してみた場合、月額料金はいくらになるでしょうか。格安SIMで人気1位となっている楽天モバイルを実際に利用してみた場合の月額料金についてご紹介します。
データ通信量がなくなったら追加でデータ通信量を購入しよう!
楽天モバイルで高速通信が利用できる料金プランは3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBの5種類が用意されています。しかしプランのデータ通信量を使い切ってしまった場合、200Kbpsの通信速度となります。楽天モバイルでデータ通信量を使い切ってしまった場合の解消方法をご紹介します。
楽天モバイルが低価格でデータ通信ができる理由は?
楽天モバイルでは月額525円からデータ通信が利用できるとてもお得な格安SIMキャリアとなっています。高速通信が利用できる3.1GBプランでは月額900円から、通話機能が付いた050データSIMなら1020円から利用できます。楽天モバイルが月額1000円で利用できる理由をご紹介します。