データ通信量がなくなったら追加でデータ通信量を購入しよう!

データ通信量がなくなったら追加でデータ通信量を購入しよう!

 

追加でデータ通信量

 

 

楽天モバイルではデータ通信量が3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプラン、
20GBプラン、30GBプランの中から最適のデータ通信量を選択する事が出来ます。

 

しかし少ないデータ通信プランを選択されていた場合、
OSやアプリのインストールや更新、動画の長時間の閲覧で
月のデータ通信量をすべて使い切ってしまう事があります。

 

特に動画の視聴時の寝落ちなどには注意しなければなりません。

 

 

楽天モバイルではプランのデータ通信量を全て使い切ってしまった場合
200Kbpsの通信速度となり通信制限が発動します。

 

この通信制限を解除する方法は2通りあり
1つ目は翌月になるまで我慢して利用する事、
2つ目は追加で高速通信用のデータ通信量を購入する事です。

 

 

楽天モバイルの料金プラン一番お得なのはこれ!【楽天モバイルの料金プラン一番お得なのはこれ!】

 

 

1つ目の翌月になるまで我慢す方法は
月末や翌月まで2,3日といった場合は我慢して
200Kbpsの通信速度で利用するのが一般的だと思います。

 

楽天モバイルでは200Kbpsの通信速度ながら
最初の75KBまで高速でデータ通信を行ってくれるので
LINEのメッセージ交換や軽いスマホアプリ程度なら問題なく利用する事ができます。

 

翌月の1日になれば新たにプランのデータ通信量が
補充されるので高速でのデータ通信が利用できるようになります。

 

2つ目の通信制限時の解消方法は
追加でデータ通信量を購入する事です。

 

楽天モバイルの追加のデータ通信量の購入はマイページである
メンバーズステーションの有料オプションから追加購入が可能となります。

 

追加データ通信量の料金は100MB/300円、500MB/550円、1GB/980円となり

 

楽天モバイルの5GBプランの1GB/300円程度のデータ通信料金と比べると
かなりの割高料金となっています。

 

楽天モバイルではプランのデータ通信量をすべて使い切ってしまった場合でも
追加でデータ通信量を購入する事が出来ますが
上記の通りかなり割高となってしまうのでプランのデータ通信量を
全て使い切ってしまわないように上手にデータ通信を行ってくださいね。

 

 

楽天モバイル申し込み

 

 

関連ページ

楽天モバイルの3日間のデータ通信上限がデメリットて本当ですか?
楽天モバイルの大きなデメリットのひとつとして3日間のデータ通信上限が色々な口コミサイトで見受けられます。しかし楽天モバイルの3日間のデータ通信上限は2017年の3月に完全撤廃となりました。楽天モバイルの大きなデメリットとなっていた3日間のデータ通信上限が廃止された事でとても利用しやすい格安SIMサービスとなりました。楽天モバイルの3日間のデータ通信上限について詳しくご紹介します。
楽天モバイルの口座振替の注意点は?
楽天モバイル料金プランの支払い方法はクレジットカードとデビットカード、そして口座振替での月額料金の支払いが可能となっています。中でも口座振替で月額料金の支払いが可能な格安SIMキャリアはほとんどなくクレジットカードをお持ちでない方に大きな味方となっています。そんな楽天モバイルの口座振替での支払い方法について注意点をご紹介します。
楽天モバイルを実際に利用してみた月額料金はいくら?
楽天モバイルではとてもお得な料金プランでスマートフォンを利用する事が出来ます。では実際に利用してみた場合、月額料金はいくらになるでしょうか。格安SIMで人気1位となっている楽天モバイルを実際に利用してみた場合の月額料金についてご紹介します。
楽天モバイルの通信エリアは大手キャリアと同じ!
楽天モバイルでは大手キャリアと比べるとその月額料金は1/3、1/4で利用する事ができます。しかしいくらお得な月額料金と言っても圏外ばかりでは使えません。楽天モバイルの通信エリアや電波状況はどうでしょうか。楽天モバイルの通信エリアについてご紹介します。
楽天モバイルが低価格でデータ通信ができる理由は?
楽天モバイルでは月額525円からデータ通信が利用できるとてもお得な格安SIMキャリアとなっています。高速通信が利用できる3.1GBプランでは月額900円から、通話機能が付いた050データSIMなら1020円から利用できます。楽天モバイルが月額1000円で利用できる理由をご紹介します。