楽天モバイルが低価格でデータ通信ができる理由は?

楽天モバイルが低価格でデータ通信ができる理由は?

 

楽天モバイル安い理由

 

 

楽天モバイルの月額料金は大手キャリアと比べて
1/3、1/4といった月額料金で利用できます。

 

大手キャリアでは1ヶ月の平均月額料金は7000円と言われています。

 

対して楽天モバイルでは音声通話SIM3.1GBプランなら月額1600円、
データ通信のみのプランなら月額900円で利用する事ができます。

 

楽天モバイルが大手キャリアよりも安くデータ通信が利用できる理由は
大手キャリアから回線設備を借りてサービスが提供されているMVNOである事
大手キャリアと比べてキャリアショップの数が少ないからです。

 

 

楽天モバイルの料金プラン一番お得なのはこれ!【楽天モバイルの料金プラン一番お得なのはこれ!】

 

 

楽天モバイルは大手キャリアのひとつであるdocomoから
回線設備を借りてサービスが提供されています。

 

そのため回線設備にかかる維持費や人件費がかからず
その分を月額料金の引き下げに利用しています。

 

docomoでは全国の人口カバー率が99%を超えるように
日々設備を増強して電波状況を改善しています。

 

その人件費や維持費はdocomoの利用者が多くの月額料金を支払う事で支えられています。

 

しかし楽天モバイルはdocomoから回線設備を借りているので
維持費や人件費などにかかる料金は発生せず回線のレンタル料金のみとなります。

 

そのため大手キャリアと比べて破格の月額料金が実現できるのです。

 

2つ目のキャリアショップの維持費も低価格の月額料金の
大きな理由となります。

 

大手キャリアのキャリアショップの数はとても多く、
大手ショッピングセンターや街道沿いなど至る所で見られます。

 

反面、店舗の維持費や人件費はとても膨大となっています。

 

対して楽天モバイルではキャリアショップの数は大手キャリアと比べても
とても少なく維持費や人件費などは比べようがありません。

 

また人件費に関しても家電量販店などで1名から2名程度なので
こちらも比べるまでもないでしょう。

 

楽天モバイルはこのように回線設備の料金、キャリアショップへの料金を節約する事
驚きの低価格での通信サービスを提供しているのです。

 

 

楽天モバイル申し込み

 

 

関連ページ

楽天モバイルの3日間のデータ通信上限がデメリットて本当ですか?
楽天モバイルの大きなデメリットのひとつとして3日間のデータ通信上限が色々な口コミサイトで見受けられます。しかし楽天モバイルの3日間のデータ通信上限は2017年の3月に完全撤廃となりました。楽天モバイルの大きなデメリットとなっていた3日間のデータ通信上限が廃止された事でとても利用しやすい格安SIMサービスとなりました。楽天モバイルの3日間のデータ通信上限について詳しくご紹介します。
楽天モバイルの口座振替の注意点は?
楽天モバイル料金プランの支払い方法はクレジットカードとデビットカード、そして口座振替での月額料金の支払いが可能となっています。中でも口座振替で月額料金の支払いが可能な格安SIMキャリアはほとんどなくクレジットカードをお持ちでない方に大きな味方となっています。そんな楽天モバイルの口座振替での支払い方法について注意点をご紹介します。
楽天モバイルを実際に利用してみた月額料金はいくら?
楽天モバイルではとてもお得な料金プランでスマートフォンを利用する事が出来ます。では実際に利用してみた場合、月額料金はいくらになるでしょうか。格安SIMで人気1位となっている楽天モバイルを実際に利用してみた場合の月額料金についてご紹介します。
データ通信量がなくなったら追加でデータ通信量を購入しよう!
楽天モバイルで高速通信が利用できる料金プランは3.1GB、5GB、10GB、20GB、30GBの5種類が用意されています。しかしプランのデータ通信量を使い切ってしまった場合、200Kbpsの通信速度となります。楽天モバイルでデータ通信量を使い切ってしまった場合の解消方法をご紹介します。
楽天モバイルの通信エリアは大手キャリアと同じ!
楽天モバイルでは大手キャリアと比べるとその月額料金は1/3、1/4で利用する事ができます。しかしいくらお得な月額料金と言っても圏外ばかりでは使えません。楽天モバイルの通信エリアや電波状況はどうでしょうか。楽天モバイルの通信エリアについてご紹介します。